2020/3/16~20 投資結果報告

日記

おはようございます。今週も先週と同じく大きな窓を作って始まりました。FRBの緊急利下げ1%の実施が週末にあったことで、ドル円は2円以上の大きな下げから始まり、ダウCFDはすぐにサーキットブレーカーが発動し月曜は現物市場開場まで停止と荒れた始まりでした。

ヨーロッパがひどい状態なのも引き続き変わらず悪化の一途と言った感じです。学校閉鎖だけでなく、次々と国境閉鎖と続いています。

コロナ関連と金融緩和一色と下落

1週間は、コロナ関連とそれに対する金融緩和策一色の1週間でした。

週末に、スペインが非常事態宣言、フランスで生活必需品を扱う店以外の国内全店舗を休業。ドイツが一部国境を封鎖。FRBが金融利下げ(1%)を実施し0-0.25%へ。NZ中銀も75bpの緊急利下げがありました。

月曜日に入るとダウが再度大幅下落で、先週の最大下落幅を更新です。フランスは大統領から罰金のある15日間の外出禁止令があったり、スカンジナビア航空が9割の社員を一時解雇と荒れ模様でした。

画像:https://sekai-kabuka.com/

水曜日には、オーストラリアが実質の海外渡航禁止令を出しました。また、メキシコペソが、対ドルで24ペソ台と史上最安値を出し、政府も介入した模様です。ペソの含み損がまた増えてきた・・・。

コロナの影響が各所に出ていて、各国が大幅な金融緩和政策に乗り出していても、底が見えない状態が続いています。アメリカ国債金利が2倍近く上昇し(週後半からFRBの買い入れなどにより落ち着き出した)、金先物の値段も下がり、サウジアラビアとロシアのよって起こった原油の暴落と、ドルだけ、みんなが欲しがる独歩高状態です。

ドルもトイレットペーパー・マスク並みに買い占め状態です!!

メキシコペソ米ドル、ほぼ毎日史上最高値を更新

メキシコペソが原油高やドル買いの影響をもろに受け、非常に安い状態が日々更新され続けてた1週間でした。実際、USDMXNは、月曜日から木曜日まで毎日史上最高値を更新しました。金曜日だけ辛うじて更新せずですが、ドル買いが止まらずと言った感じで、3/9の安値22ペソをあっさり更新中です。

ペソ対ドルが高値を更新もあり、円安で動いた1週間でしたが、ペソ対円相場も史上最安値を更新が水曜日と木曜日にありました。

なお、メキシコ中銀は、日本時間の土曜朝方(現地、金曜日)に、緊急利下げを実施7%から6.5%へと変更しましたが、来週も原油安の影響と、同時にトランプ大統領からメキシコ国境の封鎖検討の話もあり厳しい感じもあります。ただ、トランプ大統領が原油問題への介入する可能性を示唆しており、ペソの利下げもあり、来週は少し底堅くなってくれると良いのですが・・・。

1週間の投資結果

  • 確定損益:10,030円
  • スワップ損益:10,820円
  • 累積損益:-6,248,973円(スタート:-6,322,102円)

少し利確はありますが、含み損が大幅にまた増えました。

10万円チャレンジは終了まで含まず

タイトルとURLをコピーしました